ローンの試算で抑えておきたいポイント

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

ローンの試算で抑えておきたいポイント

一言でローンの試算といっても、ただ数字を出すだけでは意味がありません。無理のない返済計画を立てるためには、いくつかのポイントを抑えなければならないのです。とはいえ、簡易的なシュミレーションをしたいのであれば、年利率や返済期限、借入金額、ボーナス時の返済金額を利用して、ある程度計画を立てることが可能だといえます。その上で、金利を固定にするか変動にするか選んでいくのです。完済するまで同じ金利で計算される固定金利は、毎月一定の金額を返済してくことから計画が立てやすいといわれています。ただし、やや高めの金利設定となりますので、トータルで支払う金額も多くなるでしょう。一方変動金利についてですが、こちらは比較的金利が安く設定されているものの、途中から固定へと変更されることがあります。そのため、返済計画を立てることが難しいかもしれません。もう1点抑えておきたいのは、返済方式です。元利金等返済か、元金均等返済のいずれかで返済していくことになりますが、返済金額が変わらないのは元利金等返済です。一方、返済する際に元金が一定となっている元金均等返済は、最初の支払いが少々大変になるものの、徐々に返済金額が少なくなるため返済しやすいという利点があるのです。どちらも一長一短がありますので、無理のない返済計画のもと決めていくことになりますが、現在のことだけではなく、今後のことも考えた上で必要最低限のことを勉強しておくようにしましょう。