住宅ローン減税の詳細について

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

住宅ローン減税の詳細について

住宅ローンの減税は、誰でも活用できるものではありません。利用するためには、住宅を購入する際にいくつか気をつけなければならないことがあるのです。この住宅ローン減税は、平成21年からスタートしたものですので、すでに活用している人は多数存在することになります。住宅ローン減税は一般のタイプがよく知られていますが、この他にもバリアフリー改修促進税制、認定長期優良住宅の特例、省エネ改修促進税制となっています。まず一般のタイプですが、床面積が50u以上である必要があります。これは、新たに建てる場合でも、建売を購入する場合でも同様です。ちなみに築20年以内の住宅、築25年以内の耐火建築物、増改築した後に床面積が50u以上であっても該当します。次にバリアフリー改修促進税制ですが、こちらは床面積が50u以上であり、増改築のためにバリアフリー改修工事を行う場合に適当となるものです。認定長期優良住宅の特例に関しては、床面積が50uを超える場合に利用できるもので、建物の増改築は含まれていません。最後の省エネ改修促進税制ですが、省エネ改修促進税制が50uの範囲内で施された時のみ使えるパターンですので、分かりづらい場合は事前確認が必要だといえます。どの点が減税の対象となっているかは、一般人にはよく分からないものです。把握しないまま放置せず、専門家に聞いてみるのも一考でしょう。