住宅ローン減税と控除金額

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

住宅ローン減税と控除金額

住宅ローン減税に関する計算を行う場合、所得税や住民税について詳しく把握しておく必要があります。より多くの控除を受けるためには、ちょっとした知識が必要となるのです。減税を受けることができることを知っている人は比較的多いものの、これから住宅ローンを利用する機会があるのなら、事前に調べておきましょう。ところで、一般的な住宅ローンの減税額は一体どのくらいなのでしょうか。現在のところ、最高金額で500万円という上限が設けられています。以前の住宅ローン減税から比較すると倍以上の金額となりましたので、軽く考えていると損をしてしまうでしょう。この500万円という金額の出し方についてですが、対象となるローンの残高が5,000万円であることが深く関係しています。5,000万円×1%にすると、年間で50万円、10年で500万円になるという計算方法です。ただし、該当するのは2010年に入居した人のみですので、注意が必要です。2011年からはローン残高の上限は下がる一方ですし、それに伴って控除額も下がっていきます。ちなみに、住宅ローンの控除額は所得額に対しての控除ということになりますので、間違わないようにしたいものです。つまるところ、ローンの残高が5,000万円以上あったとしても、所得税が50万円以下であれば所得税分しか控除されないということになります。所得税からの控除だけではなく、住民税からも控除が受けられますので、自分がどこに該当するのか事前に調べておきたいものです。