水道料金のクレジット払いと自治体の動き

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

水道料金のクレジット払いと自治体の動き

水道料金のクレジットカード払いについては、賛否両論です。実際に水道料金を支払う側としては、支払う金額が増えるわけではないため、特に問題を感じることはありません。それよりも、自治体の中にはクレジットカードでの支払いを渋っているケースがあるということです。クレジットカードでの支払いを導入するということは、1つの支払いに対して約5%程度の手数料が発生するといわれています。この手数料分は、自治体がクレジットカード会社へと支払わなければならないものです。そのため、財源の確保が出来ずにいつまでもクレジットカードでの支払いができないということが起こってきています。手数料分も水道料金として徴収するとなれば、水道料金が値上がりすることになりますので、これは利用者にとってもデメリットとなります。とはいえ、すでにクレジットカード払いを導入している自治体は多数存在しますし、財源が特別豊かであるわけでもないため、様々な工夫が凝らされていることが分かります。今後、クレジットカードでの支払いを導入する自治体は、このようなケースを参考にしながら、最終的には導入に踏み切ることになるでしょう。クレジットカード払いへ切り替える人が増えるということは、その分、各自治体の手数料も増えて負担が大きくなることに繋がります。普及のスピードがアップするためには、多くの成功例が登場することが必須となるでしょう。