住宅ローン減税を活用する方法

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

住宅ローン減税を活用する方法

住宅ローン減税について詳しく把握しておくことによって、より減税額が高くなることがあります。そのため、良く分からないからと放置せずに詳細について把握しておいた方が良いでしょう。住宅ローンの減税を受けると、最大で年間50万円も控除してもらうことができます。パターンとしては2つあり、1つは年末の住宅ローンの残高の1%、もしくは所得税額に最高9万7,500円の住民税をプラスしたもののいずれかが適応されます。住宅ローンの残高に関しては、金融機関から送られてきた返済予定表をみれば一目瞭然ですし、所得税額について知りたい場合は、会社勤めなら源泉徴収票、自営業なら確定申告書で金額を確認することができます。ちなみに、住宅ローン減税は家族構成や収入によっても変わるもので、もしも共働きということであれば夫婦の収入が減税の対象とされることもあるのです。ただし、夫婦2人が対象となるのは、どちらか一方が債務者、もう一方が連帯債務者となっているときのみです。連帯保証の関係となっていると、住宅ローンの減税は1人分の計算が適応されてしまいます。このように住宅ローンの減税は、ちょっとした情報を把握しておくことで、かなりの金額が控除されるものなのです。民間の住宅ローンと、公的な住宅ローンとでは、また控除額の算出方法が違う等いくつか気をつけなければならない点もありますので、損をしないように調べていくことをおすすめします。