キャッシングのシュミレーションの欠点

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

キャッシングのシュミレーションの欠点

キャッシングを利用する前に、シュミレーションをしておくことはとても大切なことではありますが、微調整が利かないというデメリットがあるため、その点も踏まえながら利用する必要があるでしょう。一般的には、シュミレーションは毎月の返済金額や期間、金利、完済するまでの返済回数などが一度に分かる仕組みとなっています。ただし、これは申込時の話であるため、返済日が予め決まっている場合はズレが生じてしまうことがあるのです。タイミングが悪いと、やや長い期間借入をする計算となって算出されることがあるため、シュミレーションで出てきた利息よりも多めに支払うことになる可能性が出てきます。また、ごく短期間だけ借入をすることから、そこまで利息は高く付かないだろうと思っていると、引き落とし日までの利息分が含まれた金額で請求されるケースもあります。その他の微調整が必要となるケースとしては、金利が一定期間無料となるキャンペーンを開催している場合が当てはまるでしょう。このような金利無料キャンペーンなどは、シュミレーションシステムには組み込まれていない可能性があるため、その分は省いて計算し直す必要があるのです。借入金額を入力するだけですので、非常に簡単な操作で結果が分かりますし、借り入れした後の状況が分かりやすくはなりますが、上記のようなズレも十分に考慮しながら計画を立てるようにしましょう。